プロフィール

高いスキルレベルを持つ№8、戦術の達人、それがリーチ・マイケルだ。活躍し続ける彼の心には、ゆるぎないリーダーシップと強いプロ意識がある。彼は、今、日本ラグビー界を代表する選手の一人である。

マイケルは、スキルレベルの高いNo.8で、戦術の達人と言われている。常に活躍し続ける彼の心の中には、ゆるぎないリーダーシップと強いプロ意識がある。彼は、今や、日本ラグビー界を代表する選手の一人となった。

マイケルが生まれたのは、ラグビーのスター選手を次々と生み出すニュージーランドだ。南島に位置するクライストチャーチで育ち、セントビーヅカレッジというカトリック系の男子校に通った。2004年、姉妹校関係を利用して札幌山の手高校に留学をする。そこで日本語とラグビーに精通した。

東海大学に在学中、2008年に20歳の若さでマイケルは日本の代表チームにデビューする。2011年に東芝ブレイブルーパスに入団し、同年のワールドカップで目覚ましい活躍を見せた。

東芝での初シーズンにトップリーグのベストフィフティーンに選ばれ、新人賞を受賞する。2011年のワールドカップでの活躍が認められ、2013年にはニュージーランドのハミルトンを拠点にするChiefsの強化合宿メンバーに起用された。2015年のワールドカップでは、日本代表チームのキャプテンを務め、南アフリカ戦に勝利をもたらした。この試合は世界中に大きな衝撃を与えた。日本代表チームのここ数年の活躍に大きく貢献している。

Timeline

  1.  
    はじめてボールをける Michael

    1988

    ニュージーランドの南島に位置するクライストチャーチに生まれる。

  2.  
    Young Michael

    1993

    5歳で、ラグビーを始める。

  3. 2002

    クライストチャーチにあるセント・ビーヅ・カレッジに入学。

  4.  
    Michael Yamanote

    2004

    札幌山の手高校に留学。

  5.  
    Img 9009

    2006

    高校日本代表に選出される。

  6.  
    08 6 29 対筑波 001 27

    2007

    東海大学に入学。

  7.  
    Eight Col Michael Leitch 16X10

    2008

    ジャパン7s、U20に選ばれ、11月に名古屋でのアメリカ戦にジャパン代表でデビュー。

  8.  
    20924

    2011

    東芝ブレイブルーパスに入団、ニュージーランド開催のW杯で活躍。

  9.  
    Ml8

    2013

    チーフススコッドに入ったが、怪我で出場断念。

  10.  
    150815 Jpn Wrdxv Shiga 152 Rt

    2014

    ジャパンのキャプテンとして任命される。

  11.  
    45751

    2015

    チーフススコッドとして、スーパーラグビーにデビューし、新人賞をとる。W杯での劇的な番狂わせの南ア戦でジャパンのキャプテンを務め、2015W杯ベストフィフティ—ンの8番とキャプテンとして選ばれる。

  12.  
    2016

    2016

    2016年、リーチマイケルはチーフスで実に優れたプレーで活躍。チーフスは準決勝まで勝ち進み、その後優勝したハリケーンズに25-9で惜しくも敗れた。2013年以降は南半球、北半球それぞれ、日本代表、東芝、チーフスで連続81試合に出場し続けたため、マイケルは日本代表では出場しない事にした。彼は2017年に戻ってくる事を考えていたからだ。

  13.  
    Leitch 2017

    2017

    2017年、マイケルはスーパーラグビーのチーフスで引き続き活躍。チーフスはまた準決勝まで勝ち進んだがその後優勝したクルセーダーズに負けてしまった。彼は日本代表チーム、ブレーブブロッサムズで6月にルーマニアとアイルランドと戦うために日本へ戻ってきた。これらのシリーズで彼の素晴らしいプレーとリーダーシップが認められ、11月のシリーズもキャプテンとしての力量をみせた。日本代表チームはツアーの最終戦ではフランスに23-23の同点となり良い成功を収めた。日本代表コーチ、ジェイミー・ジョセフはこの試合の後に「マイケルは2019年のラグビーワールドカップまでキャプテンになるだろう」と話した。

2013年には怪我が続き、そのシーズンの試合に出場することはできなかった。しかし、2015年に再び声がかかりマイケルは思い切って挑戦することになる。Chiefsでのプレーは高い評価を得た。その結果、初シーズンでルーキーオブザイヤーに選ばれることになった。

スーパーラグビーでの2年の経験は、マイケルを選手として、またリーダーとして大きく成長させた。この経験が、2015年のワールドカップ、南アフリカのスプリングボックス戦でジャパンを勝利に導くことになるのだ。

マイケルは、スーパーラグビーのサンウルブズ とトップリーグの東芝ブレイブルーパスで活躍し続けている。今、マイケルは代表チームのキャプテンでもあり、日本ラグビーの代表的な選手の一人である。

マイケルの活躍は、ラグビーだけにとどまらない。東京にあるCafe +64 (国際電話をかけるときのニュージーランドの国番号)というコーヒーショップのオーナーでもある。ニュージーランド出身ということもあって、ハンティング、釣り、トレッキングと趣味も多い。中でも一番好きなのが鰻釣りだ。

マイケルは慈善活動にも力を注いでいる。日本でラグビーの基礎を学んだ札幌山の手高校との絆は今でも強く、留学生のために基金を設立している。今の自分を作り上げてくれた日本への感謝の気持から、少しでも周りに恩返ししたいと思っているのだ。

Official Partners

Site by 43 North Design