マイケル リーチは、2015年Chiefsでスーパーラグビーにデビューし、その年のChiefsルーキーオブザイヤーに選ばれた。

翌2016年、マイケルは自分のプレーにさらに磨きをかけ、スーパーラグビーの”テームオブザウィーク“No.8として名前が挙がるようになる。そして、シーズンの終わりには、多くのラグビー評論家にNo.8のベストプレーヤーとして評価されるようになったのだ。Chiefsヘッドコーチのデイブ レニー氏は、「リーチは驚くべき対戦意欲を備え、スクラムの後方からのボールの出し方が優れていて、ラインアウトでも一流だ」と語った。彼の経験、手腕、リーダーシップ力は、チームChiefsのここ数年の勝利に重要な役割を果たしている。